FANDOM


リリー、ハリーを連れて逃げろ!あいつだ!行くんだ!早く!僕が食い止める―― ヴォルデモート卿から家族を守ろうとするジェームズ・ポッター
ジェームズ・ポッター1960年3月27日1981年10月31日)はプロングスという名でも知られた純血魔法使いであり、フリーモントユーフェミア・ポッターのひとり息子だった。彼は1971年から1978年にかけてホグワーツ魔法魔術学校に在籍しグリフィンドール組分けされた。ホグワーツに入学したジェームズは3人の同学年のグリフィンドール生、シリウス・ブラックリーマス・ルーピンピーター・ペティグリューらと親友になった。ジェームズはまた、スリザリンセブルス・スネイプと知り合いお互い憎悪するようにもなった。7年目、ジェームズは首席に選ばれ、リリー・エバンズと付き合い始めた。

ホグワーツ卒業後、ジェームズはリリーと結婚し、シリウス・ブラックを後見人に息子ハリー・ジェームズ・ポッターをもうけた。ジェームズ、リリーは友人たちと一緒に不死鳥の騎士団に参加して第一次魔法戦争で戦った。ジェームズと妻は3度にわたってヴォルデモート卿の手から逃れていたが、ヴォルデモート卿と幼児である息子に関連した予言がなされると隠遁生活を余儀なくされた。そして親しい友人であったペティグリューがヴォルデモートに寝返りふたりの情報を明かしてしまう。その結果、1981年のハロウィンの晩、息子を守ろうとしたジェームズは妻とともにヴォルデモートの手にかかって悲劇的な死を遂げる。

ジェームズその後、蘇りの石により1998年にリリー、シリウス、リーマスらとハリーの前に姿を見せている。第二次魔法戦争終結後、ハリーはジェームズ・シリウス・ポッターアルバス・セブルス・ポッターリリー・ルーナ・ポッターら3人の子供をもうけジェームズにとっては孫ができたことになる。ジェームズ・シリウスはジェームズの名前からとられたものである。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。