Fandom

Harry Potter Wiki

コーネリウス・ファッジ

357このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
912poaslytherinmed.jpg 情報が少ないぞ、ポッター!
このページにはより多くの情報と出典が必要です。
詳しくは書きかけのページについて編集プロジェクト

コーネリウス・オズワルド・ファッジ大臣マーリン勲章受章(勲一等)とは、1990年1996年魔法大臣である。そのため彼は魔法省に対する完全な制御を持ちイギリスの魔法界を牽引していた。ファッジの魔法省でキャリアは魔法事故惨事部の副部長として始まった。彼はミリセント・バグノールドから魔法大臣の職を引き継ぎ必要とあらばマグルの首相と接触しなければならなかった。

平次には誰もが好感を抱くほど人当たりが良く、ハリーに対しても人並み以上に思い測る事もあった。また、自身が大臣職を勝ち取った際に、大臣職を自ら辞退したアルバス・ダンブルドアの事を尊敬しており、魔法大臣就任当初はたびたび彼に助言を仰いでいた。しかし、マグルに対する偏見を持っていたらしく、アーサー・ウィーズリーが昇進できないのはファッジのそれが原因であるとも言われている。第二次魔法戦争の勃発時にダンブルドアと決別、ハリーに対しても敵意を向け多くの災厄を招いた。

1993年、ホグワーツ魔法魔術学校において秘密の部屋が開かれてマグル生まれが襲撃されるとファッジは魔法省が機能している事を示すため無実なのにも関わらずルビウス・ハグリッドアズカバンに収監させた。1993年1994年、ファッジはアズカバンからの脱獄囚シリウス・ブラックへの対応に追われた。ブラックが社会への脅威になると感じたファッジはホグワーツとホグズミード村吸魂鬼を配置した。しかしブラックはファッジの指をかろうじてすり抜け行方をくらました。その年の夏休み、彼はルード・バグマンバーティ・クラウチ・シニアらと共にクィディッチ・ワールドカップ三大魔法学校対抗試合を企画した。

対抗試合でセドリック・ディゴリーが死にハリー・ポッターヴォルデモート卿復活を主張すると、それは彼が築いてきた世界の終わりを意味していたためファッジは頑なに否定した。アルバス・ダンブルドアが彼の座を狙って嘘をついていると信じ込んだファッジは「日刊予言者新聞」を利用してハリー・ポッターとダンブルドアに対して悪意あるキャンペーンを行った。だが、神秘部の戦いにおいてファッジは自身の目でヴォルデモートを目撃しハリーとダンブルドアがずっと真実を語っていたと認めざるを得なくなった。そして魔法界の抗議と避難に遭い大臣を辞職した。彼の公認にはルーファス・スクリムジョールが就任し、ファッジは顧問職として魔法省にとどまりスクリムジョールが行けない時には代わりにマグルの首相に会って第二次魔法戦争のニュースを届けた。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki