FANDOM


グリモールド・プレイス12番地はロンドンにあるブラック家によって代々受け継がれてきた家で、様々な呪文によって保護されている。そのため、家はマグルには見えず、11番地と13番地が隣り合っているという、番号の間違いがあるという認識だった。

1995年には、アルバス・ダンブルドアが秘密の守人となり、シリウスの同意のもとで不死鳥の騎士団の本部として使用されるようになった。1997年にアルバス・ダンブルドアが亡くなると、アルバス・ダンブルドアにグリモールド・プレイス12番地の秘密を教えてもらっていた12人が秘密の守人となった。

歴史

ロンドンの北西部に位置し、キングズクロス駅から徒歩20分のグリモールド・プレイスは、魔法によって何も見えなくなっている。グリモールド・プレイス12番地は、マグルの住んでいる住宅街にあり、ある時にブラック家が、自分たちにふさわしい美しい家を望んだ。そして、元から住んでいたマグルは出て行かされ、呪文をかけることによって家を保護した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki