FANDOM


「グリフィンドールに行くならば
勇気あるものが住まう寮
勇猛果敢な騎士道で
他とは違うグリフィンドール」
組分け帽子[出典]

グリフィンドール(Gryffindor)はホグワーツ魔法魔術学校の4つののひとつであり、ゴドリック・グリフィンドールによって創設された。組分けの際に重視される点は勇気、騎士道的精神、決断力である。象徴する動物はライオンで色は深紅と金で、「ほとんど首なしニック」として知られるニコラス・ド・ミムジー・ポーピントン卿が寮のゴーストである。

グリフィンドールは四大元素の火と結びつきを持っておりそれがゆえ寮の色に赤と金が選ばれている[1]。火の色はライオンとも関連しており赤はたてがみと尾、金は体を表している。

特徴

グリフィンドール寮は勇気と同時に「大胆さ、気力、騎士道」に重点を置いているため、基本的に寮生は勇敢とされるが時折無謀ともとられる。また彼らは短気である場合もある。グリフィンドール生の方が他の寮生より多くダンブルドア軍団不死鳥の騎士団に入っている。

スリザリンフィニアス・ナイジェラス・ブラックは、グリフィンドール生はしばしば「無意味な虚栄心」にかられて行動することがあると感じていた。別のスリザリン生セブルス・スネイプは多くのグリフィンドール生は独善的で自分勝手でルールを守らないと考えていた。

評判

Wallofportraits

グリフィンドールの創始者ゴドリック・グリフィンドール

グリフィンドールとスリザリンは創始者ゴドリック・グリフィンドールサラザール・スリザリンの時代からことあるごとに対立しあってきた。血統を重んじたスリザリンに対しグリフィンドールが反感を抱いたのが始まりである。グリフィンドールは様々な状況でスリザリンと競い合っておりダンブルドア校長もグリフィンドールに味方することがあった。1991~1992学年度の学期末パーティにおいてはダンブルドアがその場でグリフィンドールに170点与え寮杯を取らせた。また、1年生は危険なため自分の箒を持つことを校則で禁じられているが、ハリー・ポッターマクゴナガル教授の協力で箒をもらってクィディッチ・チームに参加している。

三大魔法学校対抗試合が行われたときハッフルパフセドリック・ディゴリーと同時にポッターが代表に選ばれると、スリザリン生はポッターを批判するバッジを作った。

しかしレイブンクローハッフルパフは比較的グリフィンドールに肯定的であり第二次魔法戦争時にはダンブルドア軍団に参加した者もいた。スリザリンの軍団員はひとりもおらず、ホグワーツの戦いの際にもヴォルデモート卿との決戦に備えて3寮が結束する中スリザリン生は学校から締め出されている。

談話室

Gryffindor common room

グリフィンドールの談話室

グリフィンドールの談話室ホグワーツ城グリフィンドール塔の8階にあり、入り口はピンクの絹のドレスを着た太った婦人の肖像画が守っている。婦人は正しい合言葉(何度も変えられる)を聞いたときのみ扉を開ける。肖像画の先は広い談話室で、ソファや暖炉の他に男子寮と女子寮それぞれに続く手すり付きの階段がある。

女子寮に続く階段には男子が入れないように保護のスペルがかけられているが男子寮の階段には無く、女子はいつでも男子寮に入ることができる。これは創始者の「女子は男子より信用できる」という信念によるものである。談話室は快適で、グリフィンドール寮の生徒はここで勉強会やパーティ、レクリエーションをした。壁には過去または現在のグリフィンドール寮監の肖像画が並んでいる。

寮監

ハリー・ポッターの時代、グリフィンドールの寮監を務めたのはミネルバ・マクゴナガルであるが彼女が1998年校長に就任してからその跡を継いだ者は不明である。

舞台裏

登場作品

関連項目

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki