FANDOM


「わたしの出会った猫の中で、こんなに賢い猫はまたといない」
シリウス・ブラック[出典]

クルックシャンクスとは、ハーマイオニー・グレンジャーのペットのネコである。彼は半分ニーズルの血を引いており[1]、それはライオンのような外見、助けなく自ら問題を解決する能力、そして人(または動物に変身した人)を信用に値するかどうか見抜く力に現れている。

1993年、ハーマイオニー・グレンジャーは魔法動物ペットショップでクルックシャンクスを買った。「誰もほしがらなかった」ため、長い間店にいたと聞き、彼女は購入した。クルックシャンクスは1994年6月6日の事件で大活躍を果たした。第二次魔法大戦のときには隠れ穴で飼われた。

経歴

ハーマイオニー・グレンジャーの購入

1993年、ハーマイオニー・グレンジャーふくろうを買いに行った魔法動物ペットショップでクルックシャンクスを買う。ハーマイオニーはそこで、この猫を「誰もほしがらなかった」ため随分長い間店にいたと聞かされる。クルックシャンクスは非常に賢い猫で動物もどきの変身を見破ることができた。

ハーマイオニー・グレンジャーの飼い猫

クルックシャンクスは、ピーター・ペティグリューを追ってホグワーツ城に入ろうとしたシリウス・ブラックの手助けをした。ピーター・ペティグリューはネズミのスキャバーズとしてロン・ウィーズリーのペットとなっていた。クルックシャンクスはペットショップで初めてスキャバーズに会った時から嫌っており、そのときも捕まえようとした。スキャバーズがルビウス・ハグリッドの小屋に隠れると、ロンはクルックシャンクスが食べてしまったと勘違いしてハーマイオニーを責めた。しかし、彼らは後に真相を知る。

1994年6月6日

クルックシャンクスは、シリウス・ブラックの動物変身状態である犬パッドフットとホグワーツで数回会っている。クルックシャンクスはネビル・ロングボトムからグリフィンドール塔に入る合言葉を盗み、シリウス・ブラックが城に入るのを助けた。彼はさらにシリウスがハリー、ロン、ハーマイオニーを叫びの屋敷までおびき寄せるのを手伝った。ハリーとシリウスの乱闘ではハリーを引っ掻いてを奪おうとし、失敗するとシリウスの盾として彼の胸に座った。ハリーがためらっている間にリーマス・ルーピンが到着する。

クルックシャンクスは城に戻る一行の先頭に立って歩いていたが、ルーピンがに変身し始めるとルーピンの杖を盗んだペティグリューに気絶させられる。全てが終わった後、ロンはクルックシャンクスを信用し、シリウスからもらったふくろうを彼に見せ、動物もどきでないことを確かめた。

外見

クルックシャンクスは巨体でがにまた、赤毛で「つぶれたような顔」と描写されている。ハリーは「レンガに正面衝突したような顔」と表現した。他の特徴としては太いふわふわの尻尾と黄色い目がある。

登場作品

脚注

  1. "クルックシャンクス" - J・K・ローリングの公式サイト

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki