FANDOM


ギルデロイ・ロックハートマーリン勲章勲三等(1964年1月26日~)は闇の生物との遭遇に関する数多くの著作で知られる魔法界の作家で、半純血魔法使いホグワーツ魔法魔術学校の卒業生で、レイブンクロー寮に所属していた。勲三等のマーリン勲章を授与され、闇の力に対する防衛術連盟の名誉会員で、週刊魔女のチャーミングスマイル賞を5回連続で受賞するなど輝かしい経歴の持ち主だったロックハートは、1992年から1993年にかけてホグワーツ校で闇の魔術に対する防衛術の教授を務めた。彼はオカミー・エッグ・シャンプーを発明したが、一般市場に向けて売るにはあまりに危険かつ高価すぎた。以降、このシャンプーを販売することが彼の悲願となった。ロックハートの好きな色はライラック色だった。

ロックハートが主張する自らの英雄的行為は、いずれも他者の功績を横取りしたものだった。彼は得意とする忘却術で人の記憶を消し、まるで自分が冒険をしたり本を書いたかのように見せかけるペテン師だったのである。しかし、ロン・ウィーズリーの折れたを使ってロンとハリー・ポッターに忘却術をかけようとした際、ロックハートは皮肉にも自らが放った呪文の逆噴射で記憶を失ってしまった。彼は聖マンゴ魔法疾患傷害病院に入院し、ネビル・ロングボトムの両親と同じ部屋で長期療養を受けることになった。入院後、彼は最後の著作『私は誰だ?』を執筆する。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki