FANDOM


ガラテア・メリィソート

アーマンド・ディペット校長がいた頃に闇の魔術に対する防衛術の教師をしていた。

この科目を50年間にわたって教え続けていたが、彼が退職してからトム・マールヴォロ・リドルがこの科目に志願して以来一年以上担当した教師はいない。

上記の説明のように本編は進んでいるが、クィリナス・クィレルはどうなのだろうと思う人がいると思うので説明しておく。クィレルは、ハリーが入学した時の闇の名術に対する防衛術の担当で、上の説明の通り、一年しかこの科目を持っていない。しかし、その前からずっとクィレルはホグワーツにいた。ここで、J.K.ローリングのミスだと思ってはいけない。ちゃんとした説明がなされている。クィレルは、一巻の以前はホグワーツにはいたが、闇の魔術に対する防衛術の担当はしていなかった。担当科目はマグル学だった。つまり、マグル学から、闇の魔術に対する防衛術の教師が空席になったため、マグル学を担当していたクィレルがその後任となった、という事だ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki