FANDOM


・・・・・・親愛なる伯母のエラドーラだ・・・・・・屋敷しもべ妖精が年老いて、お茶の盆を運べなくなったら首を刎ねるというわが家の伝統を打ち立てた・・・・・・ シリウス・ブラックが、ハリー・ポッターブラック家の家系を説明しているとき
エラドーラ・ブラック1850-1931)は、純血魔女だった。両親はシグナス・ブラック1世エラ・マックスで、兄弟にシリウス・ブラック1世フィニアス・ナイジェラス・ブラックイオーラ・ヒッチェンズ(旧姓ブラック)がいる。彼女は結婚せず子供もいなかった。

エラドーラは、屋敷しもべ妖精が年老いてお茶の盆を運べなくなったら首を刎ね、壁に飾るというブラック家の伝統を作り上げた。

生涯

エラドーラ・ブラックは1850年に生まれた。

彼女はシグナス・ブラックエラ・マックスの娘だと思われている。彼女の兄弟はシリウス・ブラックフィニアス・ナイジェラス・ブラックイオーラ・ブラックである。結婚をすることがなかったため、彼女には子供もいない[1]

エラドーラ・ブラックは1931年に亡くなった。

舞台裏

名前の由来

  • エラドーラのエラ(Ella)は、母の名前エラ・マックスから付けられている。
  • エラ(Ella)という名前は、ドイツ語のAliaから来ていて、その他という意味になる[2]。また、ギリシャ語のAellaにも関係しており、こちらは旋風を意味する。神話に出てくるAellaはアマゾンに住むヘラクレスによって殺された。そして、ドーラ(Dora)という名前は、テオドーラ(Theodora)の短縮形として使われている。ギリシャ語のドロン(doron)から派生した言葉であり、贈り物を意味する[3]

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。