FANDOM


エドワード・”テッド”・トンクス[1] (1950年代~1998年)は、マグル生まれ魔法使いであり、アンドロメダ・トンクス(旧姓ブラック)の夫だった。ニンファドーラ・ルーピン(旧姓トンクス)の父親でありエドワード・リーマス・”テディ”・ルーピンの祖父でもある。彼は1960年代にホグワーツ魔法魔術学校に在籍した。

テッドが結婚したアンドロメダの家族純血主義であり、ほとんどの親族から軽蔑されていた。ふたりの子供は第二次魔法戦争時に不死鳥の騎士団に加盟した。テッドとアンドロメダは騎士団員ではなかったが、隠れ家としてを貸すなど、時折手助けをした。

1997年ヴォルデモート卿魔法省掌握するとマグル生まれ登録委員会が開設された。テッドは逃亡したが結局人さらいに捕まって殺された。

身体描写

テッドは「腹の突き出た、明るい色の髪をした男」で「感じのいい、心地よい声」と描写されている。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。