FANDOM


このいとがどんな顔でも、わたしが気にしまーすか?わたしだけで十分ふーたり分美しいと思いまーす!傷痕は、わたしのアズバンドが勇敢だという印でーす! ビルとその勇気に関してフラー・デラクール
ウィリアム・アーサー・"ビル"・ウィーズリー1970年11月29日生まれ)とは、アーサーモリー・ウィーズリー(旧姓プルウェット)の長男であり、チャーリーパーシーフレッドジョージロンジニーたちの長兄である。彼は1982年から1989年までホグワーツ魔法魔術学校に在籍し監督生首席の両方を務めた。卒業後、ビルはグリンゴッツ魔法銀行のためにエジプト呪い破りとして働き始めた。1995年、彼はヴォルデモート卿と戦うため、イングランドに戻って再結成された不死鳥の騎士団に加わった。このころ、彼はフラー・デラクールと付き合い始め、知り合ってから一年経った頃に結婚を申し込んだ。

天文台の塔の戦いでは人狼フェンリール・グレイバックの攻撃を受け重傷を負う。ビルは人狼にはならなかったものの生肉を好むなど狼的な性質を持つようになった。彼は1997年8月1日にフラーと結婚したが、結婚式は魔法省陥落に次ぐ死喰い人の襲撃で中断となった。ビルとフラーは貝殻の家に移り、マルフォイの館から脱出したハリー・ポッター、ロン、ハーマイオニー・グレンジャーらを手助けした。ビルはその後、不死鳥の騎士団メンバーとともにホグワーツの戦いにも参加し、生き延びた。

戦争終結後、ビルとフラーは3人の子ども、ビクトワールドミニクルイスをもうけた。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。