FANDOM


アーガス・フィルチ1973年頃からホグワーツ魔法魔術学校管理人を務めたスクイブ。猫のミセス・ノリスとともに校内を歩き回って校則違反の生徒を探し、ポルターガイストピーブスに対する不満を漏らしていた。1992年、フィルチはミセス・ノリスがサラザール・スリザリンバジリスクによって石化されたことに激怒するが、間もなく猫は治療を受けもとの状態に戻った。1995年、フィルチはホグワーツの高等尋問官になったドローレス・アンブリッジを歓迎し、彼女の活動を支援した。

登場作品