FANDOM


「油断大敵!」
―ムーディの真言[出典]

アラスター・"マッド-アイ"・ムーディ1997年7月27日死亡)とは、純血スコットランド人魔法使いであり、近年で最も有名な闇祓いとされていた。彼は第一次及び第二次魔法戦争の間不死鳥の騎士団の中心メンバーとして活躍した。第一次魔法戦争のときには高い評判を得たが、同時に闇の魔術を受け、片目、片足、鼻の一部を失った。無数の闇の魔法使いたちでアズカバンの牢獄を埋めたのも彼である。結果、ムーディは過度に用心深く誇大妄想的に自衛するようになった。

1994年、ムーディはアルバス・ダンブルドアの申し出を受けホグワーツ魔法魔術学校闇の魔術に対する防衛術を教えることになったが、バーティ・クラウチ・ジュニアに監禁され、自身の姿に変身されてしまう。救出されたのち、ムーディは第二の不死鳥の騎士団に加わった。彼は1996年神秘部の戦い1997年七人のポッターの戦いといった戦闘に参加したが、この戦いでヴォルデモート卿に殺された。

彼の魔法の目は死後ドローレス・アンブリッジマグル生まれ登録委員会で部下を監視するために使われたが、1997年ハリー・ポッター魔法省に侵入したときに奪い返している。その後、目はハリーによって、3年前に第422回クィディッチ・ワールドカップが開催された場所に近い森に埋められた。

経歴

生い立ち (1960年代以前)

アラスターは1961年より前にスコットランドにおいて、代々魔法省に仕え高名な闇祓いを輩出してきた純血魔法族ムーディ家に生まれる。父親母親は共に闇祓いであった。

ムーディは魔法の教育を受ける前にを購入、あるいは受け継いだ。彼はホグワーツ魔法魔術学校に通い、N.E.W.T.(いもり)の少なくとも5科目で「期待以上」以上の成績を残した。所属したは不明。

第一次魔法戦争 (1970年~1981年)

「ムーディのお陰でアズカバンの独房の半分は埋まったな」
闇祓い時代のムーディについてチャーリー・ウィーズリー[出典]
L'Ordre du Phénix Originale.jpg

ムーディと不死鳥の騎士団創設メンバー

ムーディは魔法省闇祓いとして所属し、ヴォルデモート卿の配下である死喰い人たちと渡り合った。彼はアルバス・ダンブルドア不死鳥の騎士団の幹部として闇の魔術と戦い続け、ひとりでアズカバンの半分を死喰い人で埋めたとされる。第一次魔法戦争中は闇祓いたちに、闇の魔法使いに対して許されざる呪文を使うことが許され、ムーディはエバン・ロジエールを殺害した(同時に鼻の一部を失った)。しかし基本的には生け捕りを優先していた。

あるときムーディはもらった誕生日プレゼントを巧妙に隠されたバシリスクの卵と勘違いして粉々に破壊した。それは旅行用携帯時計であったが、ムーディが過ちを認めたかは不明である。

やがて彼は引退するが、そのころには史上最強の闇祓いと言われ、ニンファドーラ・トンクスにとって師匠のような存在となった。

戦争の間 (1981年~1995年)

ハリー・ポッター:「ムーディ先生?」
ムーディ:「『先生』かどうかはよくわからん。なかなか教える機会がなかったろうが?」
— ムーディの教育経験について彼とハリー・ポッター[出典]

1981年を過ぎたあるとき、マッド-アイは死喰い人イゴール・カルカロフを捕えアズカバン送りにした。カルカロフは仲間の死喰い人の名を教える代わりに刑の軽減を要求した。ムーディはアルバス・ダンブルドアと裁判に赴き、この元死喰い人がアントニン・ドロホフエバン・ロジエール(ムーディが殺し、鼻の一部を失った)、トラバースマルシベールセブルス・スネイプらの名前を言及するのを嫌悪を込めて見守った。彼らは皆死んだか捕まったか転向した者たちだった。カルカロフは神秘部無言者オーガスタス・ルックウッド魔法省をスパイしヴォルデモート卿に情報を送っていたことを明かした。これは魔法省も把握していなかった事実であったが、確認の間カルカロフはアズカバンに戻された。後に彼の証言が証明され、釈放されたカルカロフはダームストラング専門学校の校長に収まった。その後ルード・バグマンの裁判にも出席したが、彼は無罪放免となった。それからムーディは、カルカロフの裁判の後の時点で片目を失い魔法の義眼を使い始めた。

1994年、ムーディはダンブルドアの要請で引退生活から抜け出しホグワーツ魔法魔術学校闇の魔術に対する防衛術を教えることになった。このころまでにムーディは片足を失い、木の義足でそれを補うようになっていた。

クラウチによる監禁

「アラスター・ムーディだ。元闇祓い。魔法省の反逆児。”闇の魔術 防衛術”の教師」
―闇の魔術に対する防衛術の最初の授業において、ムーディに変身したバーティ・クラウチ・ジュニア[出典]
Gof moody.jpg

アラスター・ムーディになりすまして教鞭をとるバーティ・クラウチ・ジュニア

しかし学年度が始まる前、ムーディは自宅でヴォルデモート卿の命令を受けたバーティ・クラウチ・ジュニアピーター・ペティグリューの襲撃を受ける。拘束されたムーディは自身の魔法のトランクに閉じ込められた。バーティ・クラウチはムーディの毛髪からポリジュース薬を作り、ムーディに変身してホグワーツ魔法魔術学校へ行った。服従の呪文でムーディを制御し様々な奇妙な癖を真似したため誰も疑うものはなかった。そのためクラウチはヴォルデモートの計画に従って行動することができた。ポリジュース薬用の毛髪が定期的に必要だったためクラウチはムーディを生かしておいた。

AlastorMoody PM B4C35M1 MoodyAtBottomOfChest Moment.jpg

トランクの中で発見されたアラスター・ムーディ

狡猾さを活かしたクラウチは秘密裡にハリー・ポッター三大魔法学校対抗試合に参加させ、第3の課題までたどり着かせた。クラウチは優勝カップを移動キーに変えておき、ハリーをリトル・ハングルトン墓地に送ることでヴォルデモートの復活の手助けをした。クラウチは生還したハリーを殺そうとしたがダンブルドア、ミネルバ・マクゴナガルセブルス・スネイプらに阻まれポリジュース薬の効果が切れてしまう。彼はムーディからクラウチ本人の姿に戻ると、真実薬を飲まされ、陰謀のすべてをダンブルドアたちに告げた。本物のムーディは無事トランクから救出され医務室に運ばれた。これ以降、ムーディはさらに神経質に周りを警戒するようになり、魔法の目はクラウチが使った後から動きが悪くなった。

第二次魔法戦争 (1995年~1997年)

「誰か一人が殺されてもほかの者は飛び続ける。止まるな。列を崩すな」
―先発護衛隊出発前のアラスター・ムーディ[出典]
00fhd007PRX Natalia Tena 005.jpg

先発護衛隊を率いるアラスター・ムーディ

1995年、ムーディは再結成された不死鳥の騎士団として、先発護衛隊を率いてプリベット通り四番地に降り立った。ハリーを騎士団の本拠地グリモールド・プレイス十二番地に連れていくためだった。任務終了後、ムーディはモリー・ウィーズリーが開いた、ロン・ウィーズリーハーマイオニー・グレンジャー監督生就任のお祝いパーティに参加した。ムーディは、ダンブルドアがロンならあらゆる呪いに耐えられるとみて、監督生にしたのだろうと発言した。彼はモリーに頼まれて魔法の目を使い、書き物机にまね妖怪がいることを突き止めた。

Order-of-the-phoenix-movie-screencaps.com-3025.jpg

ハリーをホグワーツ特急まで送るムーディとトンクス

ムーディはハリーに不死鳥の騎士団創設メンバーが写った古い写真を見せ、ひとりひとり説明していった。彼はハリーが喜ぶだろうと思っていたが、突然死んでいった者たちの笑顔を見せられたハリーは複雑な気持ちになった。それから夏の終わりごろ、ムーディはニンファドーラ・トンクスと共にハリーをホグワーツに送り届ける護衛隊に加わった。ヴォルデモートの復活を考慮してハリーの安全を確実にするためだった。

同年の冬、予言の間を見張っていたアーサー・ウィーズリーがヴォルデモート卿のナギニ襲撃され重傷を負った。アーサーは聖マンゴ魔法疾患傷害病院に担ぎ込まれ、ハリー・ポッターとフレッドジョージロンジニー・ウィーズリーらが病院に見舞いに行くことになった。ムーディはトンクスと共に彼らを先導しロンドンの街を地下鉄に乗って移動した。病室に着くとムーディは中に入らず、トンクスと外で見張りをした。彼はハリーとウィーズリー兄弟が出た後でトンクスと面会に入った。ムーディはアーサー、モリー、トンクスらと、ハリーがナギニの内側からアーサー襲撃の夢を見たことについて話し合った。

神秘部の戦い

Blue Glass Arrow.svg 詳細は神秘部の戦いを参照
Tumblr mrdww6TW8y1qag66no5 250.gif

神秘部で死喰い人と戦うアラスター・ムーディ

1996年シリウス・ブラックがヴォルデモート卿に捕まったと考えたハリー・ポッター、ロン・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャー、ネビル・ロングボトムルーナ・ラブグッドジニー・ウィーズリーらは魔法省に侵入する。これは神秘部にハリーをおびき出し予言を奪うための罠だったため、彼らダンブルドア軍団死喰い人相手に戦闘を始め逃亡を図った。仲間が制圧されたポッターは予言をルシウス・マルフォイに渡そうとしたが、ちょうどそのときムーディ、ブラック、トンクス、リーマス・ルーピンキングズリー・シャックルボルトたち不死鳥の騎士団が到着する。戦いが始まりアントニン・ドロホフを相手にしたムーディはケガを負い頭から血を流した。戦いの中でシリウス・ブラックはいとこのベラトリックス・レストレンジに殺され、ベールの先にある死の間に倒れていった。ムーディは戦いに倒れたトンクスの所まで這っていき、意識を戻そうとした。アルバス・ダンブルドアも現れ、ヴォルデモート卿と対決し、それをコーネリウス・ファッジ魔法大臣も目撃したため、魔法省はそれまでの否定を覆し、彼の復活を認めざるをえなくなった。

学年度の終わり、ムーディはルーピンやトンクスと共にキングズ・クロス駅でハリーを出迎えダーズリー家と対面した。ムーディは魔法の目を見せてバーノン・ダーズリーを脅し、ハリーの扱いに気を付けるよう警告した。

リーダーの死

1997年6月、死喰い人たちはアルバス・ダンブルドアを暗殺するためホグワーツに忍び込む。セブルス・スネイプがダンブルドアを殺し、死喰い人たちと不死鳥の騎士団・ダンブルドア軍団との間で戦いが起こった。ムーディはダンブルドアの葬儀に参列した後、グリモールド・プレイス十二番地に、より強力な保護の呪文をかけた。

七人のポッターの戦い

「我々にとって一つ有利なのは、今夜の移動を『例のあの人』が知らぬことだ。魔法省にガセネタを流しておいた。連中はお前が三十日の夜中までは発たぬと思っておる。しかし相手は『例のあの人』だ。やつが日程を間違えることだけを当てにするわけにはいかぬ」
―計画をハリーに説明するアラスター・ムーディ[出典]
Battle of the Seven Potters Pottermore.png

七人のポッターとその護衛

ハリー・ポッターの17歳の誕生日の直前、ムーディと不死鳥の騎士団メンバーは彼をプリベット通り四番地から隠れ穴に移動させようとする。パイアス・シックネスが裏切ったことにより、彼らはセストラル、空飛ぶオートバイを使って隠された移動キーの所まで飛ぶ必要があった。ムーディはフレッドジョージロン・ウィーズリーハーマイオニー・グレンジャーフラー・デラクールマンダンガス・フレッチャーらにポリジュース薬を飲ませハリーに変身させた。ムーディはハリーに化けたマンダンガスとペアを組み、本物のハリーはルビウス・ハグリッドが護衛することになっていた。

Taket.jpg

死の直前のアラスター・ムーディ

一行は離陸するとすぐ死喰い人たちの待ち伏せに遭った。ムーディは敵の包囲を突破し、ビル・ウィーズリー、フラー・デラクールのペアと共に北に向かった。するとヴォルデモートが空を飛んで現れ、パニックに陥ったマンダンガス・フレッチャーは止めようとしたムーディを尻目に姿くらましで逃亡してしまう。隙ができたムーディはヴォルデモートの放った死の呪いを顔に受け、そのままから転落していった。後に隠れ穴に集まった生存者たちはムーディを偲んで涙を流し、ウイスキーを飲んだ。

死後

「僕、生き延びたんじゃないかと思うんだ」
―ムーディの死についてロン・ウィーズリー[出典]
Alastor Moody's file.JPG

アラスター・ムーディの魔法省ファイル

ルーファス・スクリムジョールがヴォルデモートの力を公にしたくなかったため、また、アズカバンから集団脱獄した死喰い人たちが襲撃に加わっていたことを隠すため、魔法省はムーディの死を発表しなかった。

ムーディの死体は戦闘の後、行方不明となりルーピンとビル・ウィーズリーが探しに行っても見つからなかった。ロン・ウィーズリーは死喰い人たちが回収したのだと考えた。騎士団はムーディの葬儀を挙げることができず、ロンは彼の生存を可能性を口にしたが、ハリーとハーマイオニーはそのときの状況からすぐにそれを否定した。彼らは死んだということで納得したが、その死は大きな損失だった。

Moody-eye-ministry.png

アンブリッジのオフィスドアに取り付けられた魔法の目

マッド-アイの魔法の目も死喰い人たちに回収され、魔法省がヴォルデモートの手に落ちるとマグル生まれ登録委員会委員長ドローレス・アンブリッジのもとに渡った。目は彼女のオフィスのドアに付けられ、部下を監視するために利用された。ハリーはロン、ハーマイオニーと共にスリザリンのロケットを見つけるため魔法省に侵入したときこの目を発見した。ハリーは怒りにかられて目玉を盗むが、そのせいで侵入に気づかれてしまう。脱出した翌日、ハリーは他の2人が起きるより早く近くの森へ歩いていき、最も古く、節くれだった反発のありそうな木の下に目を埋めた。そしてで樹皮に小さく十字を刻んだ。ムーディにとってはこれが葬儀となった。

身体描写

シェーマス・フィネガン:「嘘だろ、あいつ背中に目があるのか?」
バーティ・クラウチ:「耳もすこぶるいいぞ!」
シェーマス・フィネガンとムーディに変身したバーティ・クラウチ・ジュニア[出典]
Mad Eye Moody.jpg

アラスター・"マッド-アイ"・ムーディの傷だらけの顔

ムーディはうなるような声で、まるで荒削りの木の彫刻のような顔と表現されている。闇祓いとしての長い経歴で顔は傷だらけ、鼻の一部は欠けている。髪はダークグレーの白髪交じりで片足は木の義足だった。

中でも彼の眼は最も目立つところである。片目は黒く小さいが、もう片方は魔法仕掛けの青い義眼で常に動き回っている。このことがあだ名の"マッド-アイ・ムーディ"あるいは単に"マッド-アイ"の由来となっている。この眼は物を通して先を見ることができ、透明マントや彼自身の後ろも見られる。

個性と特徴

モリー・ウィーズリー:「お父様はマッド - アイ・ムーディを高く評価してらっしゃるわ」
フレッド・ウィーズリー:「ああ、うん。パパは電気のプラグなんか集めてるしな。そうだろ?」
— ムーディに対するアーサー・ウィーズリーの評価について、モリー・ウィーズリーフレッド・ウィーズリー[出典]

アラスター・ムーディはタフで勇敢で、百戦錬磨の戦士だった。彼はしゃがれ声でぶっきらぼうな性格で、時折、周りの者にモットーである「油断大敵」を唱えた。職業上あらゆる危険な経験をしてきたため、過度に警戒心を持ち、人からは錯乱していると思われることがあった。彼は誰かが毒を盛ることを恐れて食事を全て自分で用意し、自分専用のスキットルからしか飲み物を飲まない。ムーディは他人をほとんど信用することなく、同僚や雇い主の魔法省にも重要だと思った情報を明かすことはなかった。実際、彼は誕生日、ホグワーツで所属したなどの情報を魔法省にも明かしていなかった。突然の音や動きに反応することで知られ、エイプリル・フールに驚かせようとしてきた魔女を攻撃したことがある。また、誕生日プレゼントの旅行用時計をバシリスクの卵と勘違いして破壊し、「日刊予言者新聞」に「友好的握手と殺人未遂との区別もつかなくなった時点で魔法省を引退した」と書かれたことがある。

ムーディは近年の偉大な魔法使いであり、魔法省のもっとも腕利きの闇の魔法使いハンターだった。彼のおかげでアズカバンの独房の半分が満たされたと言われている。アルバス・ダンブルドアの忠実な友人・協力者であり、不死鳥の騎士団の主力メンバーだった。

魔法能力と技術

  • 熟練の魔術:アラスター・ムーディは魔法省の闇祓いとしても不死鳥の騎士団のメンバーとしても、魔術に対する豊富な専門知識も同様に、近年の魔法使いでは最も評価されている人物のひとりである。彼は少なくともチャーム変身術防衛術薬草学魔法薬学に精通している。これは彼の魔法に対する多彩で広範な専門知識を示しており魔法使いにとっては大変な偉業でもある。多くの魔法使いは特定の分野にのみ優れているがムーディは複数の分野に深い知識を持っている。
  • 闇祓いの技能:アラスター・ムーディは歴代最強の闇祓いとされている。彼は攻撃にも防衛にも優れ闇祓いの中でも一流で、アズカバンの半分を死喰い人で埋めたと言われている。ムーディはまた強力な防衛呪文や呪いを騎士団の本部にかけ死喰い人やヴォルデモート卿でさえ寄せ付けないようにしていた。
  • 決闘:第一次魔法戦争中のころ、ムーディは数多くの強力な死喰い人を倒した。攻撃から素早く防御に切り替えるスタイルは敵にとって脅威となった。アラスターは通常、相手に致命傷を与えることを避け生け捕りにしようとするが、そのために顔は傷だらけ、片目と片足を失うという傷を負っている。引退して時がたってからは、ムーディの腕はさび付いたと言われた。闇検知器があったにも関わらず、自宅でピーター・ペティグリューバーティ・クラウチ・ジュニアに襲われ、アーサー・ウィーズリーが駆けつける前に敗北している。それでも、クラウチは後に、ムーディによって「騒ぎが起こり」、2人がかりで挑んで何とか間に合ったと語った。神秘部の戦いではアントニン・ドロホフに敗れたがそれでも七人のポッターの戦いではヴォルデモート卿に脅威とみなされ、ハリーを守っていると思われていた。この戦いでヴォルデモート卿ははじめ、ムーディを追って殺すとキングズリー・シャックルボルトに向かった。ムーディはマンダンガス・フレッチャー姿くらまししたために気を取られて死の呪いに当たったともいえる。
  • チャーム:ムーディは高度な技術を必要とし、ほとんどの者が習得できない目くらまし術を使いこなした。これにより先発護衛隊として行動するとき、ムーディとハリーは透明マントを使う必要がなかった。
  • 飛行:先発護衛隊として活動したとき、また七人のポッター作戦において空中で戦ったとき、ムーディは自身の箒を使った。

所持品

  • 魔法の目:ムーディの特筆すべき所持品は鋼青色の魔法の義眼であり、あだ名の「マッド-アイ」の由来でもある。この目は木や透明マント(死の秘宝のひとつであるハリー・ポッターの透明マントも)といった物を全て透かして見ることができる。バーティ・クラウチ・ジュニアが使ってからは、動きが悪くなったという。
  • :他のほとんどの魔女や魔法使いと同じく、ムーディは杖を携帯している。他に歩行の補助にステッキも持っていた。
  • 透明マント:ムーディは2枚の透明マントを持っていたが、1枚はスタージス・ポドモアに貸したきりになった。
  • 魔法のトランク:ムーディは7つの空間があるひとつのトランクを持っていた(クラウチはホグワーツにいる間そこにムーディを入れていた)。7つカギがあり、使うカギによってトランクの中身が変わる。
  • 敵鏡:アラスターの敵鏡には、敵が近づいてきたとき姿が映る。
  • かくれん防止器:ムーディの隠れん防止器は巨大で、彼に化けたクラウチは、これが近くにいる、良からぬことをする生徒にしょっちゅう反応して鳴るため、使うのをやめた。しかし実際はバーティ・クラウチに反応していただけだった。
  • 秘密発見器:秘密と嘘を発見する。
  • 銀のスキットル:ムーディは誇大妄想的警戒心から、毒を盛られることを恐れて、飲み物を常に自分専用の容器に入れて持ち歩いている。バーティ・クラウチ・ジュニアはムーディに化けるにあたり、これを利用してポリジュース薬を持ち歩いた。
  • :ムーディは先発護衛隊の任務と七人のポッターの戦いで箒に乗った。
  • 木の義足:ある時点でムーディは片足を失い、義足を付けるようになった。

名前の由来

  • "アラスター"は古代ギリシャ語で「忘れぬ者」を意味し、そこから「復讐者」「迫害者」「苦しめる者」あるいは「神の復讐に苦しむ者」を意味するようになった。これはアレクト・カローの"アレクト"と関連があり、それはエリーニュスの女神で、「止まらぬ怒り」を意味する[2]。"アラスター"はまた、スコットランド語で"アレクサンダー"にあたる"アラステア"にも似ており、これは「人類の守護者」という意味になる。
  • 「ムーディ」とは、気分屋ですぐに機嫌をそこねるような人物を指す。

舞台裏

登場作品

脚注

  1. ムーディは1981年の第一次魔法戦争終結時に既に闇祓いだったことが明らかにされている。ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団第29章「進路指導」に書かれているように、闇祓いになるには17歳でホグワーツを卒業してから3年の訓練が必要であり、戦争終結時に20歳以上だったことになる。
  2. http://www.theninemuses.net/hp/4.html

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki