FANDOM


ニコラス・ド・ミムジー・ポーピントン卿(~1492年10月31日)は死後にほとんど首無しニックという通称で知られた魔法使いホグワーツ魔法魔術学校の卒業生で、グリフィンドール寮の出身だった。彼は王家の宮廷に仕えたが、魔法使い狩りに遭って処刑された。死後、ホグワーツ城グリフィンドール塔に住むゴーストとなったニックは、絶命時に頭部と胴体が完全に切断されていなかったことから、ほとんど首無しニックという別名で知られるようになった。

グリフィンドール生が道に困っていると道を教えてくれるという親切心がある。さらに、ピーブズの仕掛けた罠を教えたり、フィルチのもとから助け出してあげていたりと色々としてもくれる。

首を切断させる際、彼は杖を取り上げられていたため、他の魔法使いと違って生き残る事が出来なかった。また、首を切断される際にすっぱりいかなかったのは、切れない斧で切り付けられたからで、45回も切り付けられた。

毎年のように首なし狩りクラブに入ろうとしているようだが、毎回断られている。たった数センチだが、それでは首ポロなどの競技に参加できないという事だという。

登場作品