Wikia

Harry Potter Wiki

ほとんど首無しニック

トーク0
233 件の記事が
このウィキにあります
NicoFlamel

ほとんど首無しニック(ほとんどくびなしニック、Nearly Headless Nick)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ、及びその派生作品に登場するゴーストである。

登場巻 編集

全巻

概要 編集

ホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドール寮憑きのゴースト。ひだ襟服を着てタイツを穿いている。紳士然としていて、誰に対しても丁寧な口調で話す。グリフィンドール寮憑きではあるが、スリザリン寮憑きの血みどろ男爵との関係は非常に良好であり、スリザリンとグリフィンドールの不仲を嘆いている。

「ほとんど首無しニック」は通称であり、本名はニコラス・ド・ミムジー・ポーピントン卿(Sir Nicholas de Mimsy-Porpington)。この通称は、処刑される際、切れ味の鈍い斧で45回切りつけられたにも関わらず、首が完全に切断されなかった(1cm繋がっており、普段はひだ襟で隠されている)ことに由来している。ニック自身は本名で呼ばれたいと思っているが、ほとんどの人間は通称の方で呼んでいる。

なお、処刑日は1492年10月31日であり、2巻では自身の500回目の絶命日パーティーを開いた。その後、スリザリンの怪物を見てしまい、石化する。

また、吟遊詩人ビードルの物語では彼の過去が明かされており、それによると生前のニックは宮廷に仕える魔法使いであったが、魔女狩りの折、杖を奪われて牢獄に囚われていたため逃げ出せず、そのまま処刑された。

映画 編集

賢者の石」「秘密の部屋」に登場。ジョン・クリーズが演じた。日本語版の吹き替えはたかお鷹が担当。

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はほとんど首無しニックにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア